米ぬかで、ぼかし肥料をつくってみた ~米ぬかが余ったので

IMAG0709.jpg

米ぬかからぼかし肥料をつくってみました。

なんで「ぼかし」かというと、米ぬかそのままではなんか強いので発酵させて、薄める、ぼかす、というようなニュアンス…のはず。

いくつかのサイトを参考にしながら、米ぬか3:有機石灰1:油かす1 あと水と土着菌のついた落ち葉をまぜます。


IMAG0712.jpg

米ぬか3:有機石灰1:油かす1でやってますが、用途によってカスタマイズしてもいいみたい。
それはよく知ってる人向けでしょうね:)

IMAG0715.jpg

落ち葉。土着菌を混ぜて発効促進を目指します。
発酵促進剤というのを混ぜるといいかもしれないけれど、低コストを目指して…。

IMAG0720.jpg

そんで密閉。
嫌気性というのか、空気に触れない発酵をさせる方法がいいかなって。
理由①手間がかからない。
理由②においとか虫の心配が少なそう。
理由③発酵のときに熱くならない。

手間いらずのほうがいいので:)


IMAG0752.jpg

夏場で1か月放置。冬季は2,3か月とか。
場所は雨、直射日光のあたらない場所ということで、外の物置の中にしました。

で、1か月経過。

IMAG0806.jpg

できた!

ぬかの発酵したにおいがします。

これで家庭菜園の肥料代が安くつくかも…!
(油かすと有機石灰を買う必要はありましたが…)
乾燥させると、発酵が止まって保存がきくようになるそうです。
半年くらい。

IMAG0808.jpg


あと、映像にしてみました。
50秒くらいの動画です。

動画作成の習作ということで。


肥料つくりの参考にしたサイト


またつくろう。



この記事へのコメント