Googleのマップと口コミとローカルガイドと

Googleのローカルガイドという参加型プログラム(?)があって。

公式のヘルプから引用。

ローカルガイドは、Google マップでクチコミを投稿したり、写真を共有したり、質問に回答したり、場所の追加編集を行ったり、情報を確認したりするユーザーの世界的なコミュニティです。旅行の目的地、レストランやショップ、アウトドア施設やテーマパークなどを選ぶときに、多くのユーザーがローカルガイドのクチコミ情報を参考にしています。

引用元のローカルガイドヘルプ


参加者でGoogleマップの拡充をはかって利便性をあげよう、というようなものだと理解。

一度Googleマップで店の情報がおかしくて修正を提案したことがあり、マップの精度を上げることは有意義だと思って参加してみたのです。

で、店舗情報とか外観写真とかを投稿するんですが。

何かそのたびポイントが増えレベルが上がり、ゲーム感覚になってくる。

モチベーションは上がるが、何か目的がそれてるような気がしてならない:(

口コミだとポイント高いとか、作意がある(当然)感じもする。

で、ポイントを意識しないようになって…少し落ち着きました。


口コミ

どうも執拗に口コミを投稿しろしろと。ローカルガイドに。

そしてマップは近隣の店のおすすめ情報を流してくる。

…それは、マップとしてやらないでほしい。

マップの精度を上げるのはいいが、こっちに求めないPRをしてこないでくれと思うのさ。

用があれば探す。そのために精度を上げてほしいだけなのだから。

そして、よく利用するコンビニで、その店舗の口コミを見たとき「これずっと残るのか?」と思った。


改善したことのPRは?

Googleマップでは店舗情報に口コミがある。

結構参考にされるみたい。執拗に口コミほしがってるしGoogle。

例えば何か主観的に気にくわない口コミがあったとしても、それは残る。

客観的に店舗の問題を指摘した口コミだとして、改善されても、それは残る。

それがどうなった、という経過が反映されない。

これでは『確実な情報を求めるユーザに提供する』機能として、足りない。


ローカルガイドへの質問

ローカルガイドに登録してレベルをある程度上げてあるのですが、たまに質問がきます。

「美容院のカットはいくらですか?」「その店にはコンセントがありますか?」

なるほどなるほど。

直接店舗に聞いた方がはやくないか?確実だし。

お店は永久一定機能ではないでしょう。

方針を変える、設備を変える、サービスを変える。

お店に聞くべき質問のような気がするんですけど…結構…。

あと〇〇という商品を買えますか?とか。

「買えます」「買えません」の二択なんてできるわけないでしょ!

お店の仕入れの品って永劫じゃないし。


それ確定?

流動的、変化してあたりまえの状況を「投稿」という一時の情報で固定して掲載するのが…現実との不一致を引き起こすような。

「お客が来るとわかってる時だけ、家を綺麗にして迎える」というような。

その一時が全てだと思われる、ってわかってるからそうする。

しくじったとして再訪問のチャンスもなくて、一生「汚い家だったな」と思われることもあるかもしれない。

まあ、用事がなければそれで普通なんだけど。

店舗だって、「その店舗」に「用事」がなければ、再訪問はないだろうし。

ただ、それを不特定多数の人が閲覧して訪問の是非を決める、というのならばやっぱ問題だと思う。


感想

じゃあ、どうした方がいいと思う?というところを考えてみる。

流動性が高い情報を永続的に掲載するのはやめた方がいい、とは思う。

よくもわるくも。

ローカルガイドにしても細かいことは店舗に直接問い合わせるように誘導すべきだと思う。

口コミは、Googleマップでやるべきじゃないと思う。マップは客観性情報=確実な情報を目指すべきだと思う。

インフルエンサーというんですか?そういう方々が活躍するメディアでやんなさいと!

悪いイメージはお金払ってPRしてもらって払拭…げふげふ。


「普段はそうでない」「もう改善した」良くない情報のままの口コミを、そのまま放置して閲覧させるのは、よくないと思う。

改善してないのは、そのままでも仕方ないかもしれないけど。

おわり

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント