Fireaplpaca、ファイル名に自動で日時をいれて保存できる機能

Firealpacaという描画ツールがあります。

低スペックでもはやい!という売り文句。

確かにはやい…というかタブレットを用いたペン描画にストレスを感じないので使ってるわけです。

無料!

さて。

バージョンアップ機能修正があったようで、インストール。

ファイルメニューに「名前をつけて保存 (日時を指定) 」を追加しました。
引用もとの公式の更新情報ページ。ダウンロードページだけど、最下のほうに更新情報がある。

この更新情報が侮れない。

見逃してた便利機能が結構あることを、私は体感した。(いっぱい見逃してた)


名前を付けて保存(日時を指定)

どういうこっちゃ?なので試してみた。

適当に新規ファイルを作成してファイルメニューを開く。

コメント 2020-02-14 020213.png

確かにファイルメニューに『名前を付けて保存(日時を指定)』が増えてる…。

ぽちっと押す。

コメント 2020-02-14 020132.png

お?

日時…なのか?ファイル名に日付らしきものと、なにやら大きい数字が!

2020-02-14_015958.mdp

というファイル名になってる!2020-02-14は日付だよね。(記事作成時の日付です)

すると015958が…なんだ?時間か?

日時と明言してるから時間なんだろう。

なんでこれが時間?

…?

わからん。

15958秒とすると…60で割って約265分。

さらに60で割って約4時間25分。

この記事はAM2:00くらいに書いてるから、…合わない。

???

何の数字だ?時間じゃないのか?

世界的に使われているアプリだから、世界基準なのか?

どこ基準なのか?

…わかんない。


日付が入るだけでも便利なので良し!

おわり

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント